JustAnswer ブログ: ペット

You are here

ペットを飼うまえに自問すべき5つの質問

ペットを飼うまえに自問すべき5つの質問

投稿者: Satomi Kubo 投稿日:2016, March 26

新しい家族のメンバーになるペットに出会うのは簡単ですが、ペットを迎え入れるということはあなたの生活に大きな変化をもたらすということも理解しておく必要があります。犬や猫、そのたペットの飼育には時間やお金を費やすだけでなくペットオーナーとしての責任も求められます。またそれらペットとの付き合いは多くの場合で15年またはそれ以上となることもあります。ペットを飼うことで得られることはたくさんありますが、ペットを飼う前にはまずあなたがペットを家に迎え入れるのに適した環境にあるのかを確認するべきでしょう。

1)      ペットに費やす時間が本当にありますか? ペットの多くは放置することはできません。餌や水を与えるだけでなうエクササイズをしたり一緒に遊ぶということが日々の日課となります。長時間仕事をする方は出張などで家を空けることが多い場合は、本当にペットと接する時間があるのかを考える必要があります。

2)      ペットを飼うのに適した家でしょうか? 家のサイズやどれくらいのアウトドアのスペースがあるかといった生活している環境により、ある特定のペットはあなたの環境には不向きである場合があります。もしアパート暮らしをしている場合は、そのアパートのペットに関するルールを事前に調べて問題がないことを確認することも重要です。

3)      ペットのスペースがありますか? ペットが家族の一員になるとあなたの家はペットにとっても彼らの家となります。お気に入りのカーペットにおしっこををしたり、ソファーへのスクラッチ、あなたの所持品を噛むといった行為も想定しておくべきです。

4)      ペットを飼う経済的な余裕はありあすか?お気に入りのペットを手に入れるのにかかるコストは最初のステップです。そのあとは日々継続的に出費が発生することになります。15年ペットが生きるとすれば食料だけでなく健康診断や予防接種などといった定期的な出費が発生します。ざっと見積もっても65万から100万の出費は最低限あると想定すべきでしょう。これはあくまでも目安であり保険やおやつ、おもちゃ代金、そして病気担った場合の治療費などがこれに追加されることになります。

5)      考えているペットはあなたにとって最適でしょうか? 最終的な判断を下す前にもう一度検討しているペットについてリサーチして、そのペットのニーズをあなたが満たすことができるのかを再確認しましょう。ペットの種類によっては膨大なエクササイズが必要であったり、頭の体操が必要であったり、または十分な関心を払ってやらないと問題行動を起こすなどさまざなな傾向があります。あなたのライフスタイルをい詰め直し、どのペットがあなたにとって最適なのかを十分調べるおとが重要です。