JustAnswer ブログ: ペット

You are here

大切なペットのノミ・マダニ対策は万全ですか?

大切なペットのノミ・マダニ対策は万全ですか?

投稿者: Satomi Kubo 投稿日:2016, April 07

春は気温差などからペットも体調を崩したりストレスを感じることが多い時期です。そして特にこの時期に気をつけたいのが春から夏にかけて増えるノミやマダニによる病気。

基本は室内飼いだから大丈夫と思っていると危険です。散歩に連れて出た時や他のペットとの接触など、知らない間にどこかからもらってくることがあります。

では私たちは本当にこのノミやマダニへの正しい対応策を施しているのでしょうか?

サイトで回答する獣医の先生に聞いてみました。

 

ノミやダニに噛まれれたことで発症する病気は?

「ノミは瓜実条虫という寄生虫やノミアレルギー、ダニはバベシアという血液寄生虫を媒介します。基本的にはどれも薬で治療しますが、バベシアは命に関わることがあります。」とのこと。皮膚の炎症やアレルギー皮膚炎、大量に吸血されると貧血、栄養障害、発育障害などを引き起こすとされています。

噛まれた場合の症状は?

「症状に関してはノミはアレルギーを起こしやすいので、下半身を中心とした痒みが多いです。」急に体を掻く行為が目に付きはじめたら注意が必要ですね。「ダニは大きくなると黒い米粒のようなものが付いているということでいやがることが多いです。ノミダニがつきやすい環境にいる子は暖かいシーズンだけでも(半年ほど)予防薬を使っておくといいと思います。」と、やはり日々の予防策が大切なペットにとっては特効薬のようです。

噛まれた場合の対処法は?

「基本的には予防薬をつけることで丸一日くらいで全て落ちます。ダニなら物理的に取ることも可能ですが、一匹だけでないことも多く、手で取るのでは不十分なことも多いです。ノミは大量にくっつくので手で取るのは不可能です。」

ではこの予防法は?

「基本的に月に一回予防薬を使うのが一番いい予防方法です。ダニは草むらに行かなければつかないことがほとんどですが、ノミは草むら以外でもついてしまうことがあります。」他の犬との接触がない場合でもどこからノミがつくかわからないため、予防薬の摂取が一番確実で安心だということがわかりますね。

市販のノミやダニの薬の効果は?

お手頃な市販のノミダニ駆除薬をお使いの方も多いのではないでしょうか。しかしこれらの効用は実際のところどうなのでしょうか。獣医の先生によると「市販のものは効果が約50%程度と言われており、不純物も多いためつけた部分がただれることもちょくちょく見ます。ですので、市販のものは勧められません。」とのこと。また「市販のノミダニ駆除薬は体質によってアレルギー反応が出て、滴下部位に脱毛、 赤み、痒みなどをおこす場合があります」とのこと。ですので市販のお薬の使用に関しては十分検討されるほうが良さそうですね。

この時期に急にあなたのペットがが耳や背中をガリガリと搔きむしる姿をみたらノミやダニ、花粉アレルギーの可能性もあり、十分な注意が必要です。

ペットは人と同じでそれぞれ年齢やブリードにもより体質が異なります。
愛犬や愛猫の異変に気づいたら、今すぐ獣医師に個別に相談をしましょう。