JustAnswer ブログ

You are here

あなたのペットに関するこんな質問に正しく答えられますか?

あなたのペットに関するこんな質問に正しく答えられますか?

投稿者: Satomi Kubo 投稿日:2016, July 12

犬は2週間何も食べなくても生き残ることができる?

JustAnswer サイトでペットカテゴリで回答する獣医の Dr John によると、

「2週間何も食べなくても生き延びる可能性は高いです。犬が食事の摂取をやめると脱水状態になり、またビタミン、ミネラルが欠乏することになります。2週間食事をしなくても生き延びることができるかと聞かれれば、その答えはイエスですが、空腹により様々な病気を発生するリスクがあることを予め理解しておくべきです。もしあなたの犬が急に食べなくなったらまず気をつけることは脱水です。必ず十分な水を飲んでいることを確認しましょう。

犬の鼻のダニとは?

鼻ダニは一般的な症状です。その大きさは約1~1.5mmと小さく診断でそれを見つけるのは難しいでしょう。よくある症状としては鼻水、頻繁なくしゃみがあります。これら症状がみられれば一度獣医に相談して投薬を受けましょう。

犬にワクチンが必要な理由は?

ワクチンは犬の免疫システムを強化し、病気と闘う準備をするのを助ける働きがあります。ワクチンには疾患を模倣する抗原が含まれていますが、それが病気を引き起こす原因となることはありません。ワクチンを摂取することで、病気にかかったときに犬の体がその病気を正しく認識してより効率的に病原菌と闘うことができるという作用があります。

散歩中に他の犬の近くを通りすぎるたびに、犬にみられる赤い斑点。これは何?

赤い斑点は蕁麻疹と考えるのが一般的です。蕁麻疹は通常、何かにアレルギー反応を示しているというサインです。この場合だと犬がストレスを感じて、その結果が蕁麻疹として現れていると考えられます。蕁麻疹は心臓血管系や消化系に悪影響を発生することがあるので、獣医の診察を受けて抗ヒスタミン薬の服用など、あなたの犬の症状や体質にあった治療をスタートすることをお勧めします。

最近うちの犬がふらふら歩く、その理由は?

多くの要因が考えられますが、捻挫、脊髄の病気、背中の痛み、毒素といった病気が一般的です。鎮痛剤や炎症を抑える薬の投与を行い様子を見ることになるでしょう。継続ようならば膝や腰をチェックして神経の検査を行います。

犬のダイエット、どうすればいい?

人間でも言えることですが最近は太りすぎの犬や猫も多くみまれるようになりました。ダイエットの簡単な方法は、人間も同じですが、体を動かす運動をしてカロリーを消費すること。また犬や猫の餌を体重減少に特化した種類に変更するのも効果的です。