JustAnswer ブログ: 医療・健康

You are here

インフルエンザ予防接種はなぜ必要?

インフルエンザ予防接種

Photo Credit: Flickr/KOMUnews

インフルエンザ予防接種はなぜ必要?

投稿者: Satomi Kubo 投稿日:2015, 10 月 23

インフルエンザ予防に関するニュースや接種を促す広告や病院での医師からの指導など、インフルエンザ予防接種が話題になることが多くなる季節になりました。インフルエンザ予防接種はここ最近では、接種を受けるべきかどうかや実際にこのワクチンは効くのかなど、例年話題になるトピックです。また、予防接種を受けインフルエンザにかからなかったという喜びの声もあれば、予防接種を受けたもののインフルエンザにかかった人からの不満の声なども聞かれます。

本当のところ、インフルエンザ予防接種とはいったい何なのでしょう?また効果はあるのでしょうか?

インフルエンザ予防接種はワクチンを注射または噴射型により行われます。体内に生ワクチンまたは不活性化ワクチン(抗原)を送り込みます。これはウイルスの情報を体内に送り込むことになり、体内の免疫システムがそれに対する抗体を作ります。インフルエンザウイルスが体内に侵入した時に即座に免疫システムが対応するため、症状の軽減および重症化を防ぐことができます。特定の集団インフルエンザは非常に危険です。The Center for Disease Control (CDC) は米国において 20万人集団インフルエンザによりが重症、3.6万人がインフルエンザにより死亡しているとなるとのことです。これらは決して看過できない数値です。ではなぜ他の予防接種のようにこのインフルエンザ予防接種は機能しないのでしょうか?どうして1度受ければ何十年とそのワクチンが有効とはならないのでしょうか?そうすればこんなに大勢の方々が重症になったりなくなるということを未然に防げるとは思いませんか?

他の病気とは異なり、インフルエンザは同じ名称ではあっても様々なタイプがあり、それを総括して「インフルエンザ」と呼ばれています。毎年流行するインフルエンザのタイプが異なるというのが現状です。研究機関が毎年どのタイプのインフルエンザが流行するのかを予想し、それに働くとされるワクチンを作成します。残念ながらその予想が外れることもあります。インフルエンザワクチンが例年よりも効果的である年がある一方で、予防接種を受けたのにインフルエンザにかかるという自体はこれに起因しています。多くの人が患う主流のインフルエンザのタイプとワクチンがマッチしているとしても、ある個人が患ったインフルエンザのタイプがそれとは異なれば、ワクチンとインフルエンザのタイプがマッチしないという事態が発生します。インフルエンザのワクチンの効果はまた各個人の健康状態にも影響されます。

インフルエンザ予防接種の真の有効性を判断するのは困難である一方、研究結果においては、特にリスクの高い集団にとっては、なる一般的に有益であると判断する傾向です。 その効果の追跡調査を始めてから現在までのところ、CDC は毎年10 ~ 60%の範囲で有益であるという調査結果をだしています。大きな効果を得られる機会があり、また少なからず、ワクチンは毎年この病気に接触する人々を減らす働きもあります。予防接種を受けるべきかどうかもっと知りたい場合は、前回のコラムをご参照ください。