JustAnswer ブログ: 法律

You are here

True or False: 警察が身分証の提出を求めたら必ず従わないといけない?

職務質問

Photo Credit: Flickr/fairfaxcounty

True or False: 警察が身分証の提出を求めたら必ず従わないといけない?

投稿者: Satomi Kubo 投稿日:2015, 10 月 21

歩行中や自転車での走行中または運転中などいかなる状況においても、警察官に声をかけられた場合にどういった権利が自分にはあるのかという知識を持ち合わせていることは重要です。実際はテレビや映画でよくでてくる黙秘権意外の権利はあまり知らない、というのが実情ではないでしょうか。それが海外滞在中であった場合はさらにパニックに落ち得るかもしれません。今回は日本およびアメリカで警官により声をかけられた場合についてお話しします。

合理的な疑い 

まず警察官が(もちろん職務で)声をかけるには理由、つまり声をかける必要性があることが条件です。時に、警察官および声をかけられた側の双方の認識にブレがある場合があります。もし理由もなく声をかけられたと思う場合、そして身分証明書の提示を本当にすべきか定かでない場合は警察官に身柄の拘束を目的として提出を求めているのかどうかを尋ねるという手段があります。もし身柄の拘束が目的ではないのであれば、身分証明書の提示せずにその場から立ち去ることも理論としては可能です。

とはいうものの、警察官にはそれが正当な行為であると考える場合にあなたに身分証明書の提示を求める権利が法律で与えられています。それは警察官職務執行法というものです。JustAnswer サイトの弁護士は次のように述べています。「警察官職務執行法において、警察官は あなたの身元を確認して逮捕令状がでている人物でないかを確認する権利が与えられています。しかし警察官は相手かまわず誰にでも声をかけて身分証明書の提示を求めることが許されているというわけではなく、声をかけるにはそれ相応の理由が必要となります。またアメリカでは、警察官は身分証明の提出を拒否した人物に犯罪の容疑があると考えられる場合はその人物を逮捕することも許可されています。」 

在留資格

アメリカにおいて非米国市民は常に身分証明の保持が義務付けられています。在留資格の証明書を保有していない場合は黙秘権を主張しましょう。 

以上から、「警察に身分証明書の提出を求められたら必ず提出しないといけない?」という問いへの答えは「True」というのが一般的な見解となります。

走行中に警察に止められて車内検査を求められた時の権利や在留資格についてなど、より詳細なケースについて知りたい場合は JustAnswer サイトの法律カテゴリで質問しましょう。