JustAnswer ブログ: パソコン・インターネット

You are here

True or False: プライベートブラウジング機能は個人情報の保護に有効?

Private Browsing

True or False: プライベートブラウジング機能は個人情報の保護に有効?

投稿者: Satomi Kubo 投稿日:2015, 11 月 23

インターネットでウェブサイトを閲覧する時、あなたはあなた自身をさまざまな個人情報の問題にさらすことになります。閲覧には Internet Explorer や Firefox、Safari や Chrome などのブラウザをご利用されていることでしょう。すでにご存知の方も多いかと思いますが、ブラウザや Yahoo や Google などが提供する検索エンジンはお客様の IP アドレス(位置情報)やクッキー(来歴情報)などの情報を記憶しています。情報を記憶する主な目的は、データ収集と分析行ってユーザーの検索履歴に関連した検索結果や広告を表示することです。つまり、検索履歴や位置情報などからユーザーの興味や関心ごとを分析して各ユーザーの意思や趣向にそったものを表示することです。例えば、アディダスのスニーカーをあるウェブサイトで検索していて、次に別の会社のウェブサイトに進んだ時にもそこでアディダスのスニーカーの広告が表示されたということを経験されたことがある方も多いのではないでしょうか。

上記に挙げたような利用者の多いブラウザではプライバシー保護機能を提供されています。プライバシー保護機能を利用すると、検索したサイトやページについての情報をクッキーに保存することなくインターネトで検索をすることができます。ブラウザにより異なりますが、この機能はプライベートブラウジングといった呼称が使われています。使い方を Firefox を例に挙げると、メニューボタンをクリックし [新規 プライベートウィンドウ] をクリックすることで使用できます。プライベートブラウジング機能は、自身の検索やダウンロード履歴が後で他人に知られることを防ぐ、またはブラウザが検索履歴に関連した検索結果や広告を表示することを阻止することを目的としています。

とはいうものの、これを使用することでブラウザが IP アドレスやクッキーといった情報の収集をストップするわけではありません。JustAnswer のテックサポート専門家の Kamil Anwar によると、
「このプライベートブラウジングはパソコン上にクッキー情報が保存されないようにして、それにより検索履歴の閲覧を不可にするという機能です。しかしブラウザは引き続きあなたの行動をトラッキングしています。プライベートブラウジングを使用して行ったインターネット検索履歴やクッキーはブラウザを閉じれば消去されますが、 IP アドレスやログイン情報を非公開にするというわけではありません。検索エンジンはあなたの検索履歴を記憶し、お使いのインターネットサービスプロバイダーはあなたのインターネット閲覧履歴をみています。」

IP アドレスからユーザー情報をトラッキングしないことを売りにしたサービス「DuckDuckGo」という検索エンジンが話題になっているということからも、プライバシーや行動のトラッキングはインターネットユーザーにとって関心の高いトピックであるといえます。 AdBlock などトラッキングをブロックするものや NoScript といったプライバシーお保護を目的としたプラグイン(拡張機能)にもさまざまなものがでていますので、これらをお使いのブラウザに追加することもおすすめです。

というわけで結論は - True。プライベートブラウジング機能はプライバシー保護に有効です。

インターネット検索におけるプライバシーの保護やその環境設定などご不明な点はぜひ JustAnswer のテックサポート専門家に相談してみてください。